ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉原シュートさん出演。ウニョンさんの新曲PVです
2009年08月20日 (木) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

テレビ東京系ドラマ「怨み屋本舗」のエンディングテーマで
今流れているウニョンの新曲「放熱ララバイ」のPV観ました。
かなり切ないです



性同一性障害の吉原シュートさんが主演男優としてPV初登場
したんです。
ウニョンさん本人も歌姫として登場しているのですが、何を言おう
このPVがかなり切ない物語になっているんです。
性同一性障害の男優吉原シュートさんのPV初とは思えない演技。
切ない・・・切ない・・・切な過ぎます。。。

吉原シュートさんが演じえいる役も彼(彼女)と同じ性同一性障害。
だから?PVの物語の恋愛も一線を越えている物語になってるの。
でも切なさが全面に出ていて此方も感情移入してしまうほど。

世の中には性同一性障害の方はたくさんいます。でも恋愛に
おいては男性も女性も性同一性障害の方も変わらないと思うん
ですね。そういうのを見せてくれてるPVです。
ハラハラドキドキする仕上がりになってますよ

このPVを見ていると高校時代を想い出します。
大好きだった先輩と花火大会に行ける事になって浴衣を着て
ドキドキしながら待ち合わせ場所に行ったんですね。
そういえばPVの中の彼女も浴衣のような着物のようなものを着て
いましたね。

そうそう、でもって待ち合わせ場所に先輩は何時間経っても
来なくて花火大会も終わって涙が出そうなのを必死でこらえて
帰って来て・・・その後、話をしたら同じ名前のお店屋さんがあって
お互いが勘違いして間違えてたんですよね。待ち合わせ場所を。

それから気まずくなってしまい連絡も取らなくなって学校でも
目を合わせにようになって自然消滅しちゃったんですよね。
大好きだったゆえに辛くて切なくて胸が痛くて・・・

ウニョンさんの歌声も切なげな声だしPVは吉原シュートさんの
切ない物語だし、ちょっと思い出しちゃいました。

人を好きになる気持にはホントは境界線なんてないのかもしれ
ないですよね。そう思わせるPVでした。

スポンサーサイト
一票の重さ・格差
2009年08月04日 (火) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

衆議院議員の総選挙が8月の終わりにありますね~。
あなたは投票に行かれますか?私は勿論行きます。
有権者だし、国民の権利じゃなくて義務ですからね。

最近よくテレビのニュースやCM、新聞でも政治の事が
取り上げられていますね。私は難しい事は分かりません。
でも投票に行かずして、政治の事に対して議員の事に
対して文句を言うな派。そんな派あるのか?(笑)
ですが、そう思っているので有権者になってから選挙に
行かなかったのは1度だけです。
入院中に突然 解散してしまって絶対安静の私は
不在者投票にも行けなかったんですよね。その時だけ
ですね。

でも投票している私達の一票が実は一票未満で一票の
価値がないって知ってましたぁ?私は知りませんでした。
というか、意味がよく分かっていませんでした。

住んでいる地域によって同じ『一票』でもその価値が
『一票以下』になっているそうです。私の選挙区では、
衆議院議員選挙に関しては0.47票と半分にも満たな
かった。半人前もないんですよぉー。

投票率を考えれば仮に20万人の選挙区で半分の人が投票し、
10万人の選挙区で8割が投票すればその差は5対4となり
大幅にちじまります。逆に20万人の選挙区で8割の人が投票
し10万人の選挙区が半分でしたらその差は8対2.5となり
一票の値打ちの差は大変大きくなる。っていう事ですよね?

これってハッキリ言って大問題だと思いません?
私はこれまでよく分かっていなかったのですが実情を知って
問題だと思いましたね。
調べてみたら高知の3区は100%達してるんですよね。そう
一人一票なんです。でも都会に行くほど半分を割っているん
です。



国民1人1人が国政を軽んじているっていう事と、一人一票
未満は憲法に違反していないと主張する最高裁裁判官が
いるっていう事が問題だと思うんですよね。
私達にも責任はあると思うんですけど、それを認めている
裁判官にも責任はあると思うんです。それが私の感じた事。

そこで「一人一票を実現する」ために各界の賛同者を得て
発足したのが一人一票実現国民会議なのですね。



この一人一票実現国民会議は4つの事を知って貰いたい
そうです。

1.「一人一票未満」の人が全有権者の過半数もいるという事

2.「一人一票未満」は憲法に違反していないので問題ないと
  主張している最高裁裁判官がいる事

3.有権者は「一人一票未満は憲法に違反していないと主張
  する最高裁裁判官」を不信任(そんなことは認めないと主張
  する)にすることができる国民審査権という権利をもっている事

4.そしてみなさんの力を合わせることで、「一人一票」を実現する
  事ができるという事

そういえば国民審査権って学生の頃、社会科で勉強した事が
ありましたっけ。でもそんな事とうの昔に忘れてました。
選挙に行っても国民審査権ってなんだっけ?といって白っ紙で
出した事ありました(汗)

こういう私みたいな人って多いと思うんですね。これも国政を
軽んじている証拠ですよね。もっと関心を持たなきゃって思い
ましたね。というか、思い知らされました。
もしかして一票の格差は私達自らが生んでいるんじゃないか?
とも思いました。そして何度も言うようにそれを認め容認している
裁判官にも責任はある。お互いが寄り添わなきゃ一票の格差は
縮まらないと思う。

その為の一人一票実現国民会議であり、選挙の時の
国民審査権なんだと思うんですけどね。。。

皆さん今年の選挙には投票に行きましょう。大事な大事な
投票権なんですから。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。