ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自然素材にこだわった、「くちびるくりーむ 椿みつ」
2008年02月08日 (金) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

寒椿。12月~2月に紅色の八重の花が咲く可愛い花ですよね。
可愛いのに、冬に寒空に凛をと咲いてて素敵ですよね。
椿の花言葉って知ってます?
赤の椿は「気どらない優美さ」 白の椿は「申し分ない魅力」
まさにその通りの花ですよね。

そんな素敵な花、椿を使ったリップクリームがあるんですって。
その名も、くちびるくりーむ 椿みつというリップクリームなんですね。



椿は椿油で食用油にしたり、髪結いに使っていたりしていた
からリップクリームがあっても不思議じゃないですよね。

何でも、長寿の方が多い土地と言われている九州から生まれ
「長寿の里」 この「長寿の里」から自然素材素材にこだわった
リップクリームが、くちびるくりーむ 椿みつというリップクリーム
なんだそうです。

私は、元々が乾燥肌なんですね。冬になると全身 乾燥肌になって
しまうんです。勿論、唇も。。。今はあまり外に出る機会がないので
冷たい風に晒される事も少ないんですが、部屋の中でストーブなど
暖房器具を使っていると、すぐに唇も乾燥しちゃうんですね。

で、薬用の普通のリップクリームを使っているんですけど、正直言って
一時凌ぎなんですね。すぐにまた乾燥しちゃう(泣)
もうね、ニッて笑うとピキッて立て割れしちゃうくらい乾燥しちゃうん
ですね。私の唇は・・・ホントに痛いし困ります。

唇が、ガサガサしていたり割れて血を流しているのって、女性として
恥ずかしいですよね。自分も痛い思いをしている訳だし。。。
それに、変な話 ガサガサした唇でキスなんて、とんでもないって
感じですよね。相手の方に申し訳ない。(私は相手はいませんが^^)

一番、お手入れの出来る唇のお手入れも出来てないとなると、
何か女性として無頓着。恥じらいがないって思われそうな感じが
します。
なので、くどいようですが・・・私にはキスする相手なんていませんが
唇の乾燥にも気を使ってます。

この、くちびるくりーむ 椿みつ。外側からのダメージ そう、紫外線
ダメージから唇を守るため紫外線防止素材、さんごを配合してる
んですって。
そして更に、ハリ・ツヤ・潤いを与える美容成分として椿オイル・
はちみつ・生ローヤルゼリー
を厳選して、配合しているんですね。

全くの自然素材で唇をケア出来て、その上プルルン感も与えて
くれるんですね。デリケートな唇だからこそ、私はケアを怠っては
ダメだと思うんですね。皮膚の薄い所は特にダメージを受けやすい
ですしね。



くちびるくりーむ 椿みつって、色々な使い方が出来るんですって。

外出先でのリップクリーム機能は勿論の事、メイク前の下地・メイク
後のグロス、日焼け止め、そして美容成分配合なので、寝る前の
美容液として・・・と、臨機応変に使い分ける事が出来ちゃうんです♪

椿油(オイル)は不乾性油なんですよね。不乾性油は空中で固まる
事がないんです。だからプルルン感が持続するんですよね。
ん~。こんなリップクリームがあるとは知らなかったなぁ。。。

でもって、くちびるくりーむ 椿みつを初め、「長寿の里」の商品は
全て自然素材を使っている
んですって。



自然素材がたっぷり入った、くちびるくりーむ 椿みつ
椿・密・サンゴで、しっとりふっくらツヤツヤでプルルンとした唇を
手に入れたいですよね。ツヤのある唇って女性らしくて素敵だし、
何となく色っぽさも感じますものね
。私も、椿・密・サンゴでキレイな
唇を手に入れたいな(*^-^*)v

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。