ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闇の世界を堪能あれ『ポイズンピンク』
2008年02月12日 (火) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

ゲーム音痴の、このブログの管理人の登場です(汗)
好きなんですけどね。ゲーム…でもゲーム音痴なんですよ

でもRPGなら、何とかゆっくりマイペースで敵にやられなが
らも進めていく事が出来るから、私には丁度いいかなぁ~って
勝手に思っているんですけどね。

そこでですね、2月14日。2月14日と言えばバレンタイン。
その2月14日にダークファンタジーシミュレーションRPG
んと、プレステ2用です。の、ポイズンピンクというゲームが
発売されます。

発売に先立って、早速サイトへ行ってきました。

ん~~~~~・・・何ともダークな事。のっけからモノクロの
画面で正にダークファンタジーのダークって感じです。
BGMもキレイな声の女性が唄っているんだけど、少し
ダークで寂しげな感じ。
ホントに「闇」「謎」「不思議」っていう言葉が似合います。

ブログパーツもありまして左サイドバーに貼ってありますので
ご覧下さいね。と、ここにも(笑)





ゲームの設定的には、「人の他に、魔と精霊が住んでいた時代」
なんですね。

人と魔と精霊が共存しあう現世界アーレア。
北欧一帯を統治するのは聖バルダミアン王国。この王国は
40代も続く王族が治めていたんですね。
その聖バルダミアン王国の国王の娘ルナーシュが、婚約を
10日後に控えているにも関わらず、忽然と姿を消してしまった。
どうやら、獄界ベセクの最深部に連れ去られた模様。。。
その娘であり姫であるルナーシュを救いだすというゲームに
なってるんです。

魔神との戦闘で得られるポイズンピンクを使いこなして姫を
救出するようですよ。
そして主人公が3人にいるんですけど、選ぶ主人公によって
異なる物語になってるんです。でも、それぞれが密接に交錯し
重なり合うストーリーにもなっているという手の込んだゲーム
になってるんです。考えた人って凄いよなぁって感心しちゃいま
した。

キャラクターを見たんですけどダークとはとても呼べない素敵な
主人公たち。思わず少女コミックに出てくるようなキャラだわぁ
って思っちゃいました
魔人も個性的なキャラばかり。そして、戦闘クリアごとのご褒美
キャラの救護者も皆キレイだしカッコいいし、ホントにダークなの?
って思わせるキャラクター達ばかりなの。

でも・・・ムービーを見たら、そんな事が言えなくなった。
やっぱりダークな世界だった。。。
「闇」「魔界」に吸い込まれて行きそうな雰囲気。
ナレーションもなかなかの迫力で、「それは魔神の血・・・」
「その血を奪うか・・・」「使役するか・・・」「捕えるか・・・」なんて
言うものだから、ホントに闇に引きづり込まれそうな怪しげな
感じになってます。

ビックリしたのは画像のクオリティの高さ。めちゃくちゃキレイで
リアルです。血らしき物が飛び散ったり、キャラクター達の動きも
滑らか。。。どんどんゲーム画像も良くなってますよね。
魔の感じ・異色の世界がリアルに表現されてる。素晴らしいです。
プロモーションビデオ1と2を見て頂ければ、画像が凄くキレイ
だという事は一目瞭然ですよ。

先にも書いた、手の込んだストーリー。ハイクオリティな画像。
100体を超す魔神。様々なキャラクター達。ダークながらも
このポイズンピンクは面白そうです。
因みにデュファストンっていうキャラクター。気に入っちゃいました。

魅力的なキャラクターが織りなす重厚な物語。貴方は姫を救う
事が出来ますか?

ポイズンピンク
ダークファンタジーシミュレーションRPG
2008年2月14日(木)発売予定
予定価格 7,140円(本体価格 6,800円)
プレイステーション2用
発売・企画開発 バンプレスト×フライト・プラン

是非、手にとって闇で怪しげな魔の世界を ご堪能ください。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。