ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育てを応援する『はぐステ』
2008年04月04日 (金) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

私はまだ結婚していません。という事は、子供もいません。
でも子供は大好きです。だけど、大好きとか可愛いだけじゃ
子育ては出来ないという事は重々 承知しています。

何てたって、自分を見ていれば分かりますから・・・(笑)
って、笑っちゃいけないんですけどね
だけど元々が放任主義の親だったし、家庭内はゴタゴタして
いたので、愛情を注いでもらったという記憶も悲しいですが
あまりないんですね。

子は親の背中を見て育つ。とか、三つ子の魂百まで。とか
色々 昔から言われていますけど、確かに子は親の背中を
見て育つのかもしれません。

躾も、その時々・場面、場面で変わるかもしれませんが、
やはり3歳くらいまでにキチンとした躾は必要かもしれません。

これ、ぜ~~~んぶ私に当てはまる事なんですよね(汗)
きっと子育てに、『これが正しい』なんていう事はないのかも
しれませんね。

ぶっちゃけ、嫁・姑戦争 嫁・小姑戦争が激しかった我が家は
今まで家族旅行になんて行った事もないし、母は姑や小姑に
嫌がらせやチクリチクリと攻撃され、子育てどころじゃなかった
と思うんですよね。

でも、子供は育つもんなんですよね。不思議と(笑)

現代社会では、親と同居という家庭が少なくなっているから
逆に子育てに悩んだり、戸惑ったり、不安がいっぱいだったり
と問題を抱えこんじゃう お母様方が多いんじゃないかなって
思うんですね。

特に1人目の子供は、何から何まで初体験ですものね。
私だったらキ━━ミ゚皿゚;彡━━ッ!ってなっていると思います。

そこで、1~6歳のお子さんを育てられているファミリー向け
サイトで「はぐステ」というサイトがあるのですね。

子育てポータル「はぐステ」

このはぐステというサイト、子育てについて色々な知識が学べたり
他の会員のお母様方とコミュニケーションが取れたり、癒しの場が
あったりする
のですね。

「みんなの声」には、3つのテーマがあって それぞれみんなの声
を募集しているんですね。今回は、あなたのペット自慢・あなたが
やっているエコなこと・母の日にしてほしいこと&うれしかったこと
でした。

「よみもの」には子育て・レシピ・生活の楽しいコラム・インタビュー
など、色々な情報がカテゴリ分けされてギュッと詰まってます。

「エンタメ」には、このはぐステを運営している こども・アニメ専門
チャンネル「キッズステーション」のTVがあったり、ゲームが出来たり
するんですね。

子育てポータル「はぐステ」

他にも、「テレビ」・「プレゼント」・「おかいもの」などのコンテンツが
ある、ホントに子供と一緒に親も成長できるサイトになっているんです。

そうそう!はぐステの名前の由来って・・・

はぐ=はぐくむ、Hug(抱きしめる)
ステ=ステップ、ステーション(基地)


と、みんなでステップアップしていけますように、また「はぐステ」が
子育て層をHugする基地となれますようという想いを込めて付けたん
ですって。 私ね、両親どちらからもHugされた事ないんです。。。

でもって、私が目を奪われたのは「よみもの」でした。
その中でも、 私流子育てのコンテンツの中のマギー審司さんの家庭
のお話。お父様の「厳しさこそが愛情のしるし!明るくユニークな父親
流子育て」マギー審司さんのお宅では、子育てはお父様が担当。
お母様がいたずらのお詫び担当とホントにユニーク。

だけど、普段はのびのび遊ばせて、見かねた時には思いっきり叱る。
子どもには“飴とムチ”が信条!そして男の子ばかり3人兄弟の審司
さん。お父様は、3人育てれば三者三様。三者三様に愛情をそそぐ
と言ってました。

そして子どもが小さい時には、休みのたびに一家で揃ってでかけたり
松島に一泊するなど、旅行にもよく行ったそうです。ずっと心がけて
きたのは、何事も家族いっしょにやることなんだそうです。
みんなでいっしょに楽しんで喜びを分け合うのがわが家のルールと
言ってます。
で、お父様は 何よりも家族の絆を大切に、ビジネスより優先するのは
家庭のこと。「私は結婚したときから変わらず、家庭を一番大切に
思っています。やっぱり親っていうのは愛情が大事ですよね。頼れる
のは親しかいないんだもん、子どもには。」と書いてありました。

正直、羨ましいなとも思いました。マギー審司さん兄弟は、知らない内に
親の愛情をたっぷり注いでもらって育ってきたんですね。
まわりの人に常に感謝する気持ちを忘れてはいけない。というのも
お父様の教え。でも押し付けた訳じゃない。自然と愛情という枠の中で
身に付いた事。

子供には愛情が一番なんですかね。やっぱり・・・

父親で仕事より家庭を優先して大切にする父親って、あまりいないです
よね。そういう姿を見ているからマギー審司さんは温和な方なのかも
しれないですね。人柄が滲み出ていますもの。。。

私はHugされた事がないから感じるのかもしれませんが、子供ってHug
だけで、言葉なんていらないっていう時があるんですよね

それは1歳~6歳とか小学生とか関係なく、成人しても子供にとって
親は親で・・・それは一生変わらないもので・・・成人してからも悲しい
事があった時とかHugして背中をポンポンってしてくれると、言葉なんて
いらない。親の愛情が伝わってきてホッとして泣けたりするもんだと思う
んですよね。

経験がないので想像で書いてしまっているので間違っているかもしれ
ませんが。。。でもきっとそうだと思うんです。

「よみもの」の他のコンテンツで、キャリアを重ねた上で家庭を大切に
考えようと育児休職を決断した 産経新聞勤務の原口和久さんの
インタビュー(お話)も参考になりました。

ホントに目からウロコの子育て情報サイトのはぐステです。
きっと、はぐステを見れば、これからの子育ての参考になるだろうし
肩の荷がおりたり、子育てを楽しむ心のゆとりが出来たりするかもしれ
ないですね♪

そして、未来を担うWorldwide Kids応援プレゼントキャンペーンたる
キャンペーンを実施しているのですね。

応募期間は3月31日から6月7日までで、条件に1~6歳のお子様
をもつご家庭
という条件があるのですが、10万円分の旅行券や
dysonの掃除機、商品券などの豪華景品が当たるキャンペーンなん
ですよ さらに応募者全員に、ベネッセコーポレーション
から「新しいえいごスタートセット」をプレゼント~~~
このセットはキャンペーン終了(6/7(土))を待たずに、応募頂いた
方から都度、発送
してくれるんですって
このプレゼントキャンペーンは太っ腹ですね

是非、この機会に会員登録して、キャンペーンに応募してみては
いかがですか(*^-^*)v

子育てポータル「はぐステ」   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。