ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーチャルとは言い難いロック仮想都市『WeROCK City』
2008年06月04日 (水) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

そういえば遙か昔、私って・・・バンドを組んでたんだよなぁ...( = =)トオイメ
こんな私でもって、どんな私よ!ギターとドラムをやってたのよね。
今じゃもうギターも弾けなければドラムも叩けないけど(苦笑)
懐かしい思い出だわぁ。

コピーバンドだったんですけどね、女の子達はレベッカやプリプリの
コピーを・・・なんて言ったら歳がバレるね| ̄▽ ̄;;ゝアセ。
男の子達はというと、その当時のロック象徴・カリスマ的存在のBOOWY
やX JAPANのコピーをしてたんですよね。

嗚呼、ホントにホントに懐かしい~!!!

皆さんは、音楽って何を聴くのかな?今は結構、男性歌手も女性歌手も
癒し系の曲が多いから、昔バンドを組んでいたり、ロック好きじゃないと
激しい?音楽は聴かないのかな???

そこでね、WeROCK Cityっていてバーチャルとリアルの世界が行き交う
インターネット上のマルチメディア都市があるのって知ってる?
ロックをこよなく愛する者達が集う都市なのね。プロ・アマ、国籍等なんて
関係ない!ロック風に言えば、プロ・アマ、国籍等なんてクソ喰らえ!
って(お下品な発言ご容赦を^^;)感じかな?兎に角、同じ趣味や
カルチャーを共有する仲間達が集まり楽しみ生活するコミュニティサイト
になってるんですね。

WeROCK City

早速、拝見。。。( ̄O ̄;) ウォーーーーーッ!の後に暫し( ̄o ̄)ボーッ
でした(笑)いやね、凄いんですよ。トップページから・・・
3Dを駆使して表現されたと思われるキレイでカッコいい都市なの。
サイト全体を使ってロックの仮想都市になってるのよぉ~~!
しかもTV局やモールがあったり、博物館や広場、市庁舎や出版社
それから、それから、スタジオやジムにレコーディングスタジオやお墓
まであるんですぅ~おどろき 他にも街で見かけたロックな風景、ロック
モノなど、感じた画像を投稿できる ロックでしょうなんていう所が
あったり、そのまんんまリアルなロック都市と言ってもいいくらいの
仮想都市になってるの。もう最初カーソルで上下左右に動かしながら
見てた時は唖然・呆然って感じで、凄い!凄い!って言葉しか出て
こなかった ホントにWeROCK Cityって凄いんだもん

で、思った。市庁舎がある。都市になってるって事は市長がいるって
事だよね?よ~~~く見て行きましたらWeROCK Cityの市長は…
ナント!実在する人物!それも国内外でも有名なロニー・ジェイムス・
ディオさんなんですぅ~~~~。嗚呼、ホントにリアルとヴァーチャルと
こんがらがりそう( ̄_ ̄ i)タラー。。。市議会議員にもSHOW-YAの寺田恵子
さんやアースシェイカーの西田さんがいるのよ。これだけでも十分なんだ
けど・・・

じゃあ、じゃあ、もし私がWeROCK Cityの市長に推薦・選ぶとしたら
誰がいい?って聞かれたら・・・多分、私の中でのロックの象徴・カリスマ
的存在のビジュアル系バンドの第一任者と呼んでも過言ではないと思う
X JAPANのYOSHIKIさんに市長になって貰いたいかな。。。
小泉純一郎元総理もYOSHIKIさん(X JAPAN)大ファンだっていうし、
東海林のり子さんも仲良しだし。人望が厚い人だと思うのね。

幼少からピアノを習っていて、クラシックの良さも分かっていてロック
の良さも伝えられる。勉強も出来たらしいし、頭の回転が早い。切り
変えしが早い。それにまだビジュアル系のバンドなんて異色扱い
された時代、ロックも認められなかった時代でも、色々な苦難を乗り
越えて、自分の意志ややりたい事を貫き通す情熱を持っている人
だし、昔は火を噴いたりハチャメチャな事をやってたけど、今は凄く
穏やかで、近寄りがたい存在だった人が身近に感じられるように
なったYOSHIKIさんに、市長になってもらってロックの魅力だけでなく、
人生の魅力なんかも伝えて欲しい。

で、リアルだと市長なんかに合うのに何段階も手順を追わなければ
合う事が出来ないけど、WeROCK Cityでは YOSHIKI市長自らが
住民に声を掛けたり、ギターやドラムやピアノを教えてあげたり・・・
そしていつも何処かで音楽が流れてて、争いのない平和な都市に
して欲しい。
そして、ロックニュースで才能あるギタリストMichelle Meldrumさん
(享年39歳)の訃報を読んだのね。WeROCK Cityで、そういう事が
あった時にYOSHIKI市長自らが弔問にいけるような、市長と市民の
温度差がない都市を作って欲しい。

WeROCK City

YOSHIKIさんなら、色々と悲しい経験もしてきた方だし、きっと
住みやすくて楽しめる、でもってコミュニケーションが取れている
都市を作ってくれると思うんだけどなぁ。
って、あくまで私の理想・勝手な想像なんですけどね(汗)

何だかWeROCK Cityを見ていたら、昔の思い出が蘇って来て
ヘタッピだったバンドで練習した曲が聴きたくなってきちゃった(笑)
まだ捨ててない筈だから探して聴いてみよう

あっ!そうそう。Rock’n’RoomのWeROCKアパートではですね、
只今、住民登録受付中だそうですよ。ロックをこよなく愛する方・この
記事じゃ分かりにくいかもしれないですけど興味を持った方、是非
住民登録して自分の部屋を持って、WeROCK Cityを満喫してみて
下さいね

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。