ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今だからこそ書きます。地震費用保険の「Resta(リスタ)」
2008年06月20日 (金) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

日本は地震の多い国ですよね。つい最近も岩手・宮城内陸地震が
ありましたよね。

こんな時に書くのはどうかな?って迷ったんですけど、こんな時だから
こそ地震費用保険の事を知っておいた方が良いと思って・・・

阪神淡路大震災の時も火災保険に入っていても地震で発生した火災
は適応しなくて地震保険が出来たんですよね。確か。。。

地球温暖化の影響もあって、発生しないだろうと思う地域で発生したり
私が住む居住地なんか、もう何年も前から大きな地震が来ると言われて
いるのに大きな地震は来ていません。プレートの関係もあるのでしょう
けど、不思議なものですよね。自然災害の前では私達は無力です。

保険にも色々な種類がありますけど 先にも書いた地震費用保険
この保険は、「Resta(リスタ)」という愛称があるんです。
これは保険をつうじて、地震被災者の「新たな生活のスタート」
(Restart リ・スタート)を応援したいという気持ち、想いが込められている
んですって。

地震費用保険Resta(リスタ)の日本震災パートナーズのサイトを
拝見しましたら、4つの特徴がある事をしりました。

1.震災等で被災後の「生活再建」をバックアップ
2.単独でも地震保険の上乗せとしても契約可能
3.お申込みが手軽でシンプル
4.お支払いした保険金の使い途は自由

地震費用保険は被災時の生活再建を応援する保険なので、火災保険
や地震保険に入っていなくても単独ではいれるというのが良いですね。
新しい発想の保険ですよね。
火災保険や地震保険に入っているご家庭が殆どだと思いますが、それに
プラスして地震費用保険にも入っていれば安心感は大きいのでは
ないかなって感じました。

確かに保険にいっぱい入って家計を圧迫するという事もあると思います。
でも住宅ローンが残っている時に地震が来て家屋が全壊・全焼してしまった
時、解体や除去費用・建替え費用・避難交通費・建替え後の引越し費用
新しい家の生活必需品・避難している間の生活費用など、お金がたくさん
掛かるんですよね。その上に残っている住宅ローンまで払わなければ
ならない状況下に置かれてしまうんですよね。新しい家を建てなくて借家
を借りたとしても家賃は掛かりますものね。

被災後の十数年間は2重ローンの経済的負担を強いられる事になるん
ですよね。これって凄く悲しい事ですよね。実際に阪神淡路大震災で被災
した方で、2重ローンを強いられている方がいるそうです。
プラス地震費用保険があれば被災後の生活も、その後も少しは楽に
なると思うんです。

地震費用保険は、只の地震保険では足りない分を補ってくれる保険って
いう事なんですね。

サイトの方に地震リスク簡易診断というコンテンツがあったので試して
みました。私の居住地は危険度最高ランクのSでした。
ランクSは今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が50%
以上という事でした。でもいつ何時、地震が起こるかは予想もつかないです
よね。サイトの方で調べてみたら、私が住んでいる居住地 静岡県なの
ですが、昭和の初め頃に震度6の地震があった事を知りました。それから
もう30年はゆうに過ぎています。いつ大きな地震がきても不思議じゃないん
ですね。

しかも海と山に囲まれています。休火山とはいえ富士山もあります。
そう考えると身震いがしてきます。地震費用保険に入っていた方が安心
なのかなと感じました。

加入も、所有資産の大小に関わらず、お客様の世帯人数に応じて補償額
が決まるというシンプルさも親切だなと思いました。我が家は木造住宅で
建て坪も少ないんです。両親と私の3人暮らしですが、ぶっちゃけ恥ずかし
ながら所有資産もそれ程ありません。でも「Resta(リスタ)」は、被災者の
「新たな生活のスタート」・「生活再建」を応援する保険なので、入っていて
損はないですよね。我が家も入って置いた方が安心なのかな。両親も
そんなに若くないし、住宅ローンはないものの借家に住むにしても今まで
払っていなかった家のお金を払う事にもなるのだし・・・

震源地に近い大きな地震は全てを奪っていく。家は勿論、大切な物や
想い出までも・・・ホントに悲しい事です。地震の起こらない事を願うばかり
です。

地震費用保険に、ご関心・ご興味を持たれた方は 是非とも
地震費用保険Resta(リスタ)の日本震災パートナーズのサイトを
ご覧になってみて下さいね。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。