ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホントは「生きてるって素晴らしい」んです。
2008年07月21日 (月) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

ホントに、たまたまなんですが・・・
このリリースが出る前に、しかも発売前なのに1度だけですが
NHKで(6月8日)放送だった「エコうた」で、森山直太朗さんの
「生きてることが辛いなら」を観ました。
その時、何故か知らないうちに涙がこぼれていたんですよね。

森山直太朗さんって、生きることの大切さ・生命の尊さ・小さな
幸せなどを訴えかける、バラードが多いですよね。
この「生きてることが辛いなら」 これも正にそうなんですね。

森山直太朗さんが、森山良子さんの息子さんである事は皆さん
ご存知ですよね。でも、親の七光を受けてない独自の世界観や
感性をもって、一生懸命 私達に生きる事の大切さを教えて
唄・歌詞を通して教えてくれていますよね。

2008/08/27に発売される16th Single「生きてることが辛いなら」
歌詞も見れて試聴できるという事で早速サイトに行ってきました。
あっそうそう、忘れないうちに・・・
記事内のリンクから「生きてることが辛いなら」歌詞が見れる
ようになってます

森山直太朗

NHKで1度、聞いただけ。CMで最近よく聞くだけで、歌詞そのもの
が、どんなものなのか知らなかったんですね。

森山直太朗さんの声って、いつ聴いても素敵ですね。心にグッと
来るものがありますよね。

今回は少々、歌詞を引用させて頂きますが・・・

今の世の中って、親に叱られたから犯罪を犯したり自ら命を絶って
しまったり、ただ世の中が嫌になったからって死んでしまったり…
そんな事ばかりですよね。

かく言う、私も自ら命を絶とうとした事があります。
私はパニック障害という病気を持っています。今では、芸能人の方
などがTVで告白されたり、うつ病やパニック障害の事が ほんの
少しずつ理解されつつありますけど。。。

私が発症した時にはパニック障害なんていう病名すら知らなかった。
多分、他の方もそうだと思いますが・・・
パニック障害の病気そのものの説明を書いてしまうと長~~~~く
なってしまうので書きませんが、簡単に主な特徴と
して、いつ・どこで・何をしていても・していなくても、容赦なく発作が
襲ってくるんです。その発作の特徴が、動悸・心拍数の増加・胸の
痛みや圧迫感・息苦しさ・めまいやふらつき感・寒気や熱っぽさ・
冷汗・震え・自分が自分でないような感じ・吐き気。そして究極なの
が、このまま死んでしまうんじゃないかという心の底から込み上げる
恐怖感。

最初の頃は、パニック障害なんていう病名も知らなかったし 会社で
突然、発作に見舞われ過呼吸症候群にまでなって救急車で運ばれ
ました。そしてその発作から6日後にまた同じ症状に襲われ2度目
の救急車。自分が心の病・精神的な病気になる訳がないと思って
いたし、まさかパニック障害が精神的な病気だとは思わなかったので
あらゆる病院へ行きました。内科・消化器科・循環器科・呼吸器科・
耳鼻咽喉科・婦人科・血液内科etc...

でも、どこの科に行っても異常なし。って言われるんです。唯一、
分かったのは命に別条のない不整脈があるっていう事だけ。
もう、どこの科に行っていいのか分からず 時を選ばずとして襲って
くる発作。何度、起こっても恐怖感には慣れないんです。
心身ともに疲れてしまって、もうダメ。耐えられない・・・と、自ら命を
絶とうとしました。

原因が分からず、自分のキャパを超えてしまったんですね。眠れ
なくなり、不安が付き纏い、グリコのおまけのように「うつ病」が
くっついてくるんです。この病気って(笑)治療が早ければ、うつ病
にはならずに快方に向かうのも早いらしいんですけどね。

病院で目を覚ました時、両親・親友・兄・・・皆がいてくれて「良かった」
って凄く喜んでくれていた。親友は顔をグチャグチャにして泣いてた。
それと同時に申し訳なさとこんな私でも必要としてくれる人がいるんだぁ
って、「生きていて良かった」って思ったんです。

そして、そこの病院の先生の勧めで精神科へ行く事に決め、今も
薬と担当ドクターとお話をする為に通院しています。
その間も発作は度々、私を襲います。メチャクチャ苦しいです。怖い
です。もうヤダー!!って何度もくじけてます。でも皆に支えられ
ながら何とか生きています。だから「生きている事」が私にとっては
素晴らしい事で、奇跡で、生きていて良かった。って思える事なん
です。

「生きてることが辛いなら」歌詞の中の・・・

>生きている事が辛いなら
>いっそ小さく死ねばいい

という部分と、

>生きてることが辛いなら
>わめき散らして泣けばいい

そして・・・

>何もないとこから
>何もないとこへと
>何もなかったように
>巡る生命だから

ここの歌詞には共感・感銘します。

いつも発作の時に我慢して泣かなかった私。我慢する事なんて
ないんだよね。イヤな事があったり、悲しい事があったら、思い切り
わめき散らして泣いたっていいんだよね。

そして、ホントに真っさらな無の所から真っさらな無の所へ行く。
巡り巡る生命なんですよね。
自分の意志で生まれた訳ではないけれど、自分の意志で命を
捨てちゃダメですよね。

私、やっと思えるんです。「死にたくない」けど「生きたくない」や
「このまま死んじゃえば楽だなぁ」って思うのは、直面している
出来事を対処できなくて、悩んでもがいて苦しんでいる。って
言うのは確かなんだけど…「死にたい」=「生きたい」なんじゃな
いかなって。。。辛いけどホントは生きたいんじゃないかなって。

辛いっていう字と幸せっていう字。似ていると思いません?
辛いと幸せって紙一重のような気もするんです。

最後の部分の

>生きてることが辛いなら
>くたばる喜びとっておけ

に、似ている気もしちゃうんですね。

少しだけ我慢すれば良い事や幸せだなって思う事ってあると思う
んですよね。ないなら、自分で見つければいいんですよ。
何でもいいんです。我が母は、今 膝を悪くして、膝に水も溜まり
曲げる事も出来ずに、杖をついて歩いてます。毎日、私は病院の
送り迎えをしてます。そして膝が思うように動かない苛立ちから
人に当たったり、仏頂面で、私も不機嫌になって体調を悪くしたり
しています。

でも先日、病院の帰りにショッピングモールへ立ち寄った時、
母が車から降りるなり、満面の笑みで「見て!四つ葉のクローバー」
って言って凄く喜んでいたんです。久しぶりに見た母の笑顔。
本人も相当、嬉しかったんでしょうね。こういう小さな事でもいい
んです。この時だって、「生きていて良かった」って思ったし・・・

何か、森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」は、
現代を生きる人たちの代弁でもあり、応援のメッセージでもある
と思うんです。
「生きてることが辛いなら」という唄なのに、人間のもつ「生命力」
が楽曲の根底から吹き上げてくる感じもします。そんな唄です。

生きにくい世の中だからこそ、多くの人に聞いて貰いたいです。
キレイな声に、「生きてることが辛いなら」歌詞をジックリ
噛みしめながら聴いているとフト肩の力が抜けると思います。
手を抜くのとは違うけど、頑張らなくていいんです。お時間のある
方、是非 聴いてみて下さい。でもって、再度(汗)
記事内のリンクから「生きてることが辛いなら」歌詞が見れる
ますので、見てみて下さい。

***詳細***
森山直太朗 16th new single「生きてることが辛いなら」
MAXI CDS:UPCH-80088 ¥1,100(税込) ¥1,048(税抜)
M-1生きてることが辛いなら M-2生きてることが辛いなら(弾き語り)
M-3生きてることが辛いなら(instrumental)
2008/08/27 発売  です。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。