ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
圧力なべも進化してます♪
2008年10月22日 (水) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

突然ですけど圧力なべって怖いイメージありません?
って・・・私だけかな?
っていうのもね、一度 圧力なべの蓋がきちんと閉って
いなくて具材が飛び出た経験があるんですよね。
それから私も母も怖くて使ってないんですよ。宝の持ち腐れ
ってやつですね

で、皆さんも一度は耳にした事があると思われる・・・
ティファール。ご存知の方が多いんじゃないかしら?
そのティファール圧力なべは安心・簡単なんですって。

1953年にフランスで家庭用圧力なべを発売したティファール
結構、長い歴史があるんですね。そして発売以来、世界
約120カ国で愛用されているんですって。凄~いおどろき

何でもティファール圧力なべを一度使うと他の物が使え
ないとかっていう言葉も聞かれるんですって。他にもですね
料理研究家の方も愛用されているとか。。。
優れ物の圧力なべなんですね~。

クリプソ プルミエプラス

そこでティファールクリプソシリーズなのですが・・・
ナント蓋がボタンひとつのワンタッチで開けたり閉めたり
できるんですよぉー♪
我が家にあった物は開け閉めも手順がややこしくて蓋を
閉めるだけで一苦労。きちんと閉っていない時もあるという
ちょっと注意が必要な代物だったんです。
でも、ティファール圧力なべだったら、そんな心配は
無用なのですね

簡単!ワンタッチ開閉

ワンタッチ。つまりは片手で開閉ができるのは画期的ですよね。
だから危険が…って思う方もいらっしゃるかもしれませんけど
そんな事はないんですよ。
少しでも圧力がかかっている時は蓋が開かない安心設計に
なっているんです。で、なべが自分で、なべ内部の圧力を
一定に保ってくれるから安心して使えるんです。

ボタンをポンと押すとカチッとしっかりなべ蓋が閉まるのですね。
でもって、蒸気が出てきたら圧力がかかった印なんです。
それから赤い小さなボタンがあって、それは安全ロックピン
なのですが、そのボタンが下がったら、なべの中の圧力が
下がった印で蓋を開ける事ができるんです。でもって、この
安全ロックピン。他にも役割があるんです。
蓋が完全に閉まっていない状態ではロックピンが働いて加圧
されないんですねそれから圧力調整装置もついて
いるんです。

まとめてみると・・・

★なべ内部の圧力が基準値以上になっても圧力調整装置が
働く。そして安全弁や特別設計のパッキングが作動する。
三段階のフェールセーフ機構になっているので調理中の
安全対策は万全。

★開閉がワンタッチであるけど、閉まり切っていない場合は
安全ロックピンが作動してなべに圧力がかからないように
なっている。

★加圧後も内部の圧力が完全に下がりきるまで、ロックピン
が作動しているので、蓋が開かない構造になっている。

凄いですよね。昔の圧力なべにはない安全構造ですよね。
ちょっとお時間を頂いて・・・下の動画を見て下さいな。詳しく
説明してくれていますよ。



しかも圧力なべって時間とエネルギーの浪費を抑えてくれる
から省エネですよね。昔の圧力なべより随分と時間が短縮
されてるんですって。ティファールは。。。
しか~も、圧力は2段階の高圧と低圧がセレクトレバーで選ぶ
事ができちゃうでもって、圧力なべに料理をお任せする事
が出来ちゃう( ´艸`)ムフッ♪

短時間って事は省エネでもあるけど、素材本来の旨みをギュッ
と詰め込んだ美味しい料理が作れる訳でもあって、熱に弱い
ビタミン・ミネラルを壊しにくい事でもある。
という事は・・・光熱費・美味しさ・栄養価がおトクって事に繋がる
訳なのですね~

その上、ガラスの蓋がついているから普通のなべとしても使え
ちゃう。はたまた、レシピ本までついてるんですって~。
開閉はワンタッチだしティファール圧力なべは万能ですね。

サイトにはですね、たくさんのレシピが載ってるのですね。
┃壁┃ω ̄=) ジィーっと穴が空くまで(笑)見ちゃいました。

豚の角煮 肉じゃが

こんなのや・・・

ビーフカレー

こんなのが・・・い~~~~っぱい

私はですね、「金時豆の甘煮」を作りたいです。
え?何故かって?一番最初にも書いたのですが・・・まさに
「金時豆の甘煮」を作っていて具材の豆が飛び出したんです。
蓋がきちんと閉っていなくて・・・涙
本当だったら凄く簡単な料理なんですよね。でも蓋がきちんと
閉っていなかたが為に、豆が飛び出してきて。。。毛布で
身を守りながら火を消しに行った記憶があります
一歩間違えれば火傷などの大惨事に{{{(   ∇  |||)}}}}ぞぉ。

でも、ティファール圧力なべなら そんな心配はなさそう。
だって開閉がワンタッチで、ポン。カチャだもん
だから今度こそは「金時豆の甘煮」を作りたい。だって、手作り
て、何か良いし お正月には大きくても小さくても、お豆の甘煮
ってあった方がいいでしょ?それに「金時豆の甘煮」は家族全員
好きだから、お正月じゃなくても食卓にあがるし・・・
好きな食べ物を自分で作るっていう楽しさも味わえるでしょ♪
二度、美味しさを味わえるなんて嬉しいじゃない

だから、絶対に「金時豆の甘煮」作ってやるぅ~~~(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。