ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葬儀・葬式・密葬の佐藤葬祭さん
2007年05月16日 (水) | 編集 |
シェアブログdokidokiに投稿

人間は生まれてきた以上、死に向って色んな勉強をし色んな知識を養い、楽しい事・嬉しい事・悲しい事・悔しい事・感動した事、ホントに色んな経験をして生涯を遂げるんですよね。
死というのは人間にとって切っても切れない事なんですよね。
私は16歳の時に病気で3ヶ月入院した経験があります。その時に自分の意志とは関係なく不本意にも天に召された方、長い事看病して頑張って生きようとして天に召された方、色々な死を見ました。
残されたご家族は悲痛な思いで病院を後にされていました。

私も歳を重ね両親も歳を取り、正直 葬儀葬式というのは頭にあります。悲しい事ですけど・・・
私は生まれてこの方、嫌という程、親戚・友達・知り合いの葬儀葬式に出席しましたが、何処も様々な形式なんですよね。

でも私は立派なだけがお葬式だとは思いません。いや、立派なお葬式を否定している訳ではないですよ
ただ小さくても良いから心のこもった、本当に故人を偲んでお見送りする。それでもいいと思います
今はたいていセレモ二ーホールさんに全てお任せで金額も不透明だったり、お寺でやる場合でも「坊主丸儲け(失礼^^)」なんて言葉があるようにお金に目がくらんでいるお坊さんなどいますよね。

そこで葬儀葬式密葬の佐藤葬祭さんという葬儀葬式屋さんを知ったんですけど、此方はワールド・ビジネスサテライトや東京新聞でも紹介された小さな町の葬儀屋さんなんですって。
サイトの方を拝見させて頂いたんですけど、金額も透明・個々にあったプランをご用意してくれる、宗教を問わず引き受けてくれたり、火葬だけというのも嫌な顔一つせず引き受けてくれる、とても親切な葬儀屋さんという印象を受けました。

火葬プランのみのプランがあるのですが、佐藤葬祭さんは質素だから寂しいそんな常識にとらわれない送り方を考えているそうです。きっと中には火葬だけで…というご家族もいると思います。そんな方達の意見を尊重して葬儀屋が守るべき義務とも考えているそうです。
物がない=さびしい ではなく 想いがある=暖かいという言葉にとても心に残りました
そして佐藤葬祭には「シンプルな火葬プランである 夢見」「火葬のみでも一つ一つのことに対して納得をして決めたいという人にとっての 旅立ちプラン」「ゆっくりと自宅でお別れをしてから送ってあげたい、別れの時間を重視した 夢影」と3つのプランがあるのですね。火葬のみというとホントに火葬だけか思いがちですけど間違えてました。そのご家族ご家族に合ったプランが選べるのですね。これも佐藤葬祭ならではの事なんですよね。

火葬するときに大事な細かいポイントの豆知識などもありました。いざ身内が亡くなると混乱してしまいますよね。よくわかない事も丁寧にこちらにも分かり易く理解できるように説明してくれていて読んでいて感心してしまいましたわ。金額も不透明ではなく明確に示してくれている所にも感心しました。
葬式に小さいも大きいもない送る人たち、送られる人たちの気持ちにあわせて良いお葬式を提供できれば良いと考えてくれている佐藤葬祭さんならホントに心のこもった温かい送り出しが出来そうですね

宜しかったら皆さんも避けては通れない葬儀葬式
葬儀葬式密葬の佐藤葬祭さんのホームページをご覧になって下さい。不謹慎かもしれませんが、心がホッと温まりますよニコ



ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。