ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くじラブ・ワゴン 第6話
2007年05月29日 (火) | 編集 |
シェアブログdokidokiに投稿

くじラブ・ワゴン 第6話「元捕鯨船砲手を訪ねて... Part2」を見てきました。



5話で気になっていたオリンピック方式。それは、世界最大の動物シロナガスクジラの重量にして、約16,000頭までであれば早い者勝ちで捕獲してよいというルールだった。
そんなルールがあったのですね。昔は・・・
日本の捕鯨オリンピックで他国に勝つことが敗戦で自信を失った日本人にとって、捕鯨ではがんばれるという自信を与えてくれたという、この考え凄く浅はかで単純すぎる。そして結果的に南極のクジラを激減させてしまった。正直言って、怒りが湧きますね。いくら戦争に敗戦したとはいえクジラ相手に競い合うなんて信じられないというのが、戦争を知らない私の感想。

でもホッとしたのが、20年務めた捕鯨会社を退職した長岡さんがホエールウォッチングの船の船長として活躍しているという事。クジラとの係わりで人々、いや歴史をも変えてしまう。クジラはやはり海の象徴。
長岡さんも海で大きなクジラを見ると「うわぁ~」って声が出るそうです。良かったぁ。
そしてクジラへの恩返しが出来ればと思っているそうです。これを聞いて凄く安心しました。

その長岡さんが言っていた「クジラ の魅力は 言葉に表現できない」という言葉が今でも印象深く心に残っています。私も、そんな魅力あるクジラに会ってみたいです。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。