ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敬老の日の思い出とプレゼント
2007年06月30日 (土) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

敬老の日ね~。我が家は母が末っ子、父は真ん中より下。母の祖父は私が1歳半の時に、祖母は5歳の時。父の祖父は戦後、出稼ぎに行ったまま行方不明。だから父の祖母しか私は知らないのね。
まだお盆も来てないけど敬老の日ギフト&プレゼント特集っていうのが、やっているんだね。

私はたった一人の祖母とは、そんなに仲が良くなかったの。私は内孫になるんだけど、やっぱり娘の孫の方が可愛いのかな?可愛がってもらった記憶がないんだよね。嫁・姑戦争もあって、間に入ってる私達はもぅ大変。
だから後にも先にも1度しか敬老の日にプレゼントを贈った事がないんだぁ

祖母が倒れて介護施設に入ってから…贈ったんだけどね。私のばぁちゃん、脳梗塞をやっててね身体は大丈夫だったんだけど言語障害が残っちゃってね。見てて辛かったな。もっと仲良くしてれば良かったぁって想いもあるんだよね。で、介護施設に入ってからは足腰が弱くなっちゃってね、危ないからって杖をプレゼントしたんだぁ。これ1度きりだけ。ばぁちゃん凄く喜んでたっけ。お見舞いに行くとさ、いつもプレゼントした杖で散歩してるんだよ。周りの人の話じゃ、「孫からもらったんだよ」って何度も同じ事を繰り返し言ってたんだって。
ばぁちゃんも私と同じように可愛がってあげれば良かったって想ってくれてたのかな?分からないけどね…

たった1人のばぁちゃんだったのにね。何で仲良くできなかったのかな?今さら言っても遅いんだけどね。
晩年はもぅ歩く事も出来なくてね、寝たきりだったんだよね。でも杖だけは歩けないのにさ、いつもベッドの横に置いておいてくれたんだよね。かすれた声でさ、私が病弱だから自分の心配をすればいいのに私の身体の心配してさ…根は優しいばぁちゃんだったんだよね。でも頑固だったから仕方ないね。こればっかりは…

最後はさ、普通の病院へ転院したんだけど杖だけは自分で持つって言って聞かなかったのよね。その杖のプレゼントは、ばぁちゃんにとって嬉しかったんだよね。きっと…そう思いたいな。
もっと私も素直に敬老の日だけでも毎年プレゼントしてればよかったなって後悔は残ってるんだよね。棺にはね、喜んで使ってくれていた杖もちゃんと入れてあげたよ。天国では杖なんていらないほど元気にしてればいいけどな。

ばぁちゃん、ゴメンね…

敬老の日ギフト&プレゼント特集
この記事はブログルポの依頼により執筆しました。

コメント
この記事へのコメント
とても良いお話でした。
私もお誕生日には何度かプレゼントを送ったことはありますが、敬老の日は記憶にないです。
2007/06/30(Sat) 23:06 | URL  | チョコ #-[ 編集]
チョコさん
ありがとう(*^-^*)
我が家は離婚問題にまで発展した冷え切った家族だったの。
だから、ばぁちゃんとも仲良くできなかったんだけど…
やっぱり後悔は残ってるのね。。。
晩年は普通の人の腕くらいの細さの足になってて
見てるのも辛かったよ。
でも最初で最後だったけど、プレゼントして良かったって
思ってるよ。
2007/06/30(Sat) 23:23 | URL  | みう #BziIj0Vs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。