ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリーム・アーツの内部統制
2007年07月17日 (火) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

ん~~~~~。内部統制って何じゃらほい?
内部統制っていうのは、企業などの内部において、違法行為や不正が行われることなくそれぞれの業務が正しく行われ、組織が健全かつ有効、効率的に事業を運営していくための取り組みの事なんですって。言葉は良く聞くんですけどね。いざ何?って言われると考えちゃいますよね。日本版SOX法等により財務・会計分野の対策が強調されがち内部統制らしいんですが、企業の実務現場では財務会計といった定型化された主業務はごく一部なんですって。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

因みに、日本版SOX法とは金融庁が進める内部統制制度で、
1.金融商品取引法(2006年 6月 成立)
2.財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準案(2005年12月に金融庁の企業会計審議会内部統制部会が公表)
3.実施基準

これら、1つの法律と2つの基準を総称したものだそうです。
日本版SOX法という名称は、類似する米国のサーベンス・オクスレー法(SOX法)にならって、呼ばれているものなんですって。
サーベンス・オクスレー法は、企業会計や財務報告の透明性・正確性を高めることを目的に、コーポレートガバナンスの在り方と監査制度を抜本的に改革するとともに、投資家に対する企業経営者の責任と義務・罰則を定めた米国連邦法だそうですよ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

効率的に事業を運営していくための取り組みを実施する為には非定型業務を攻略するのが良い方法がよいらしいんですね。株式会社ドリーム・アーツさんはワークスタイルの変革による攻めの内部統制の実現を通して、新たな企業価値の創造と企業成長を支援する会社なんですね。

企画立案といった非定型業務。確かにこれを強化するには各社員が働く業務現場を強化するのが有効ですよね。そしてワークスタイルを変革する必要もありますよね。どんな企業も内部統制がシッカリ取れていれば社会的トラブルも少なくなりますよね。

株式会社ドリーム・アーツさんは7月26日には「攻めの内部統制セミナー」を開催するそうです。是非、参加してみてはいかがでしょうか?



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。