ライター記事や日記を趣くままに徒然に頑張って更新するブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM作ってみませんか?
2007年09月21日 (金) | 編集 |
シェアブログmyuに投稿

誰でもCMクリエイターになれるチャンスがあるサイトがある事って知ってました?
何でも、消費者参加型CM制作ネットワークfilmoというサイトに登録すると、色々な企業からCM制作依頼が届くんですって。依頼が届いたら自分の持っているデジカメや携帯などでCMを撮影して投稿し、選考で選ばれたら制作費や賞金をもらうことができるサービスなんですって。で、優秀作品には10万円などの賞金も用意されているんですってーー!o(≧▽≦)oきゃあー!

所謂、私たちがライター記事のサイトに登録して案件依頼が来たら記事を書いて報酬をもらう。そのCM制作版って事ですね。
報酬金額はさすがにCM制作というだけあって2,000円以上と高めなんですね。

各賞の賞金

金賞:10万円~20万円程度・・・1名
銀賞: 5万円~10万円程度・・・1名
銅賞: 1万円~ 5万円程度・・・1名
入選: 1万円~・・・・・・・・3名~(各賞に届かなかった優れた作品が対象となります。)

※制作費支払対象枠、受賞内容、制作費は案件毎に異なります。

多分、クリエーター志望の方って多いと思うんですよね。それと、実力もあって才能やアイデアなど素晴らしいもの持ってるのに発揮する場がな~~い!とか言う人も多いと思うんですよ。そんな方には、もってこいのサイトですよね。filmoなら、そういう人達のチャンスの場を提供している訳だから、自分の才能を100パーセント発揮できるし、大勢の人達に自分の作品を見て貰えるし、評価もして貰える。CMの影響力って大きいですものね。

filmoの選考委員は広告業界や映像業界の第一線で活躍している方や、クライアント様側からは監督や出演俳優の方が選考しているそうなんですね。その方達の眼に留まれば、自分の才能を認めて貰えたって事にもなるし、自分の作品が世に送り出される可能性もある
こういうサイトって絶対、必要だと思うんですよね。しかも選考委員は有名な方達ばかり。。。自分の才能の芽に水を与えてくれるようなものですものね。それによって才能が開花する場合だってあるんですもの。

CMは動画視聴回数・広告訴求力・作品力・技術力と4つの指標で評価されるらしいのですね。で、優秀な作品は企業のホームページで掲載されたり、実際にテレビCMとして採用されるチャンスもあるんですって!!これって凄くないですか?凄いですよね?

現在は、以下企業のCMを募集しているそうです。

① パルコ・シティ (10月1日締切)
② 明光義塾 (10月9日締切)
③ タカラトミー (10月10日締切)
④ ユニデン (10月15日締切)


クリエーター志望の方・動画(CM)などを作るのが好きという方・動画(CM)はあまり経験がないけどアイデア豊富な方・作る(制作)する事に情熱を燃やしている方などなど、チャンスだと思いますよ。
熱い魂を持った方ならきっと良い作品が出来るはず。そう思う。

私もね、アイデアとか構想とかを考える能力が長けていれば絶対に応募するんですけどね~。そういう能力に乏しいんですよね。悲しい事に…
犬の絵を描いたって姪っ子に「これって猫ちゃん?」って聞かれるくらいですから…((((_ _|||))))ドヨーン。。。

filmoのサイトを拝見したんですけど、トップページから金賞・銀賞・銅賞・入選作品のCMが見れるようになっているんですよ。ここに自分のCMが載ったらどんなに嬉しいか(´ー`*)。・:*:・
想像しただけで、きっとゾクゾクしちゃうんでしょうね。
でもって発見ーーー!!!エキサイトベースボールの「毛繕いをしながらエキサイトベースボール」の、あの絶妙なタイミングで凝視する猫ちゃんのCMが金賞に輝いてたーー!!

因みに私の好きなCMは今テレビで流れている中では、ソフトバンクとdocomoのCM。ソフトバンクの方は以前記事に書きましたが、docomoの方はTOKIOの長瀬君の「話半分で聞け」の半分の解釈が笑える。いつも( ̄m ̄〃)ぷぷっ!って笑っちゃう(笑)あとシンプルだけど永谷園のお茶漬けのCM。暑い夏なのに凄く美味しそうに食べてるんだもん。しかも聞いたところによると、お茶漬けを食べている男性は永谷園の社員だとか何とか…最後の「プハーッ」っていうのがいい!

素敵なCM作ってやるぜい!カッコいいCM作ってやるぜい!俺は(私は)もっといい作品が作れるぜい!と動画(CM)制作に命をかけている方・魂を燃やしている方・情熱を持っている方、チャンスは目の前にぶら下ってますよ。チャンスは自分の手で掴むもの。是非この機会に応募してみてはいかがでしょう?

filmoサイト ⇒ http://filmo.tv/index.html?af=0005



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。